どちらの人生を選択しますか?

『次の2つから生きたい人生を選びなさい』(大和書房/タル・ベン・シャハー/2013年7月)
という書籍が好きでたまにペラペラとめくっては目についたページを読んだりしています。
人生における様々な場面において二者択一の選択をすることで自分の人生におけるゴールを明確にしていくという自己啓発系の内容です。
コーチングにおける質問スキルの向上に役立つ内容だと思い、数年前に購入しました。
その中でQuestion30のページの中で下記のような内容があります。(以下引用)

『アマゾンのCEOジェフ・ペゾフは子供のころ、毎年テキサスの祖父母の牧場で夏を過ごしていました。
10歳の夏、ジェフはドライブに連れて行ってもらいました。祖父が運転をし、祖母は助手席でずっとたばこを吸っていました。
たばこを1回ふかすたびに2分寿命が縮まるということを本で読んでいたジェフは、祖母が1日にたばこを吸う回数を見積もり、
祖母が喫煙してきた日数をかけて、祖母の肩をたたいて得意そうに言いました。
「1日ふかして2分だから、これまでにもう9年も寿命を縮めているよ」
彼は頭の良さをほめてもらえると思っていましたが、そうではありませんでした。
祖母は泣き出してしまったのです。
祖父は車を止めると彼を連れだし優しい声で言いました。
「ジェフ、賢くなるより優しくなるほうが難しいということが、おまえもいつかわかるようになるだろう」』

若いころは周囲から評価されたい、もっと活躍できるフィールドを広げたいと必死にアピールしていたように思います。
その時にはきっと先輩や後輩、周囲の人をたくさん傷つけてきたと今更ながらに恥ずかしく思います。
45歳を過ぎた現在では、人に優しいというのは人間にとって最強の強みではないかとさえ思っています。
やさしさにも当然色んな種類の優しさがあります。
寄りそう優しさ、突き放す優しさ…
人と状況に応じて優しさを使い分けることができたらいいですね。

最後にこの本ではこのように締めくくっています。
「与えられた才能を見せつける前に、まずは優しさという名の贈り物を人に与えましょう」
■あなたはどちらの人生を選択しますか?
a,優れていることを見せつける
b,他人に優しくする

Related post

  1. イコライザー

  2. 自分のストーリー

  3. 業績規範を高める

  4. 不快なコミュニケーション②

  5. どのような時間を過ごしてますか?⑥

  6. ヒントを探る