どのような時間を過ごしていますか?③

「閉鎖・引きこもり」から抜け出し、他人とのコミュニケーションがスタートする段階のことを「儀式・儀礼」といいます。
「おはようございます」「お疲れ様です」などのあいさつを交わすことがこのカテゴリーに含まれます。
子供のころからあいさつの大切さを教えられてきましたが、社会生活を円滑に営むためだけでなく、
自分の精神的な安定や成長のためにも重要なものであることがわかります。
コミュニケーションの密度は薄いですが、ポジティブで予測可能なやり取りに終始するため、
傷つくことなく安心してコミュニケーションをとることができるからです。
結婚式や会合などが定例的な式次第に沿って進んでいく過程もこのカテゴリーに含まれ、
その流れに乗りさえすれば大勢のそれほど親しくない人との交流の中でも滞りなく過ごすことができるので、
安心してコミュニケーションをとることが可能となります。
人が他人と社会生活を円滑に営むために考え出されたすばらしい知恵なのです。
しかし「儀式・儀礼」に多くの時間を費やしすぎると表面的なつきあいに終始してしまい、最終目的である「親交・親密」に進むことができません
儀礼的・定例的なコミュニケーションをとったら、頃合いをみて雑談や情報交換にチャレンジすることが次へのステップです。

Related post

  1. 得意な学習するタイルは?④

  2. どちらの人生を選択しますか?

  3. きっかけ

  4. 不快なコミュニケーション②

  5. いつもの方法を続けるのと新しい方法を試すのとどちらを好みますか?

  6. 不快なコミュニケーション