ヒントを探る

フラットボタン-green

先日、定休日を利用してホールスタッフ様向けの『集声力』の研修を実施いたしました。
集声力とは、「すべてのスタッフをマーケターへと育成し、お客様の声を集め経営に反映する取組」です。

①業界の現状(遊技人口・市場の推移・業界を取り囲む状況等)
②集声力がなぜ必要なのか
③どんな声を必要としているのか
③集めた声をどのように使用しているのか
③事例の紹介
④集声力の取組がお客様へどのような影響を与えているのか
⑤コミュにケーション力を高める
など2~3時間程度の内容でしたが、新人スタッフの方も多く大変熱心に取り組んでいただきました。

集声力の研修では、自分たちの集めた声がどれだけ会社やお客様へ貢献しているのか、どのような目的で現場の情報が必要なのかを理解してもらうことがテーマです。
参加者の方からは
「日報に何を書いたらいいか分かった」
「お客様との何気ない会話を通してまだまだいろんなサービスのヒントを探ることができると感じた」
「パチンコの仕事でお客様に貢献できていることがわかった」
などの感想を頂きました。

広告規制などお客様を誘引する手段が狭まる中、集声力を鍛えることは今来てくれているお客様のニーズに
答えることのできる環境つくりに役立ちます。
市場が縮小している業界でまず取り組むべきことは、今目の前にいる顧客をどれだけ囲い込みできるかです。

研修後の成果として来店回数上位のお客様の把握や来店ポイントを多数持っているお客様への声かけなど
積極的な姿勢が見られるようになったとの成果も見えています。

Related post

  1. OK-OK

  2. 不快なコミュニケーション②

  3. あなたが毎日繰り返す脚本はどんなものですか?

  4. 下位の特性は何ですか?

  5. 会員を増やす

  6. 観察できていますか?