メンバーを放置していませんか?

「2:6:2の法則」とは、組織やチームにおいて上位の20%の人は主体的に仕事に取組むことができ、中間の60%の人は、特にやる気や自主性は感じなくても決められた仕事はこなし、上位の人に影響を受けて行動をおこします。そして残りの20%の人は、仕事に対してネガティブで自主的に行動することがなく上司にとって手のかかる部下になってしまうことを表しています。この場合、上司としてはどうしても下位20%のほうに気をとられてしまい時間や手間をかけてしまいがちです。上位20%層は信頼もあるしまかせても大丈夫だと考え放置してしまいがちです。上位20%層の人は放置されることで自由に自分のやり方で仕事を進めることができますので、最初のほうはそれなりに成果をあげるでしょう。しかし放置が過ぎると、仕事を進めるプロセスが組織やチームの方針・やり方と離れ周囲との連携がとれなくなり、自分勝手な問題社員を作ってしまうこともあります。

実際の現場では、優秀な人ほど時間をかけてコミュニケーションをとらなければなりません。上位20%の人ほど、実はその働きを認めてほしいと強く想っています。コミュニケーション不足が慢性化してしまうと上司からの指示やアドバイスに不感的になってしまいます。「上司がいなくてもやれる」「上司って必要なのか」などと、自分一人で成果を上げたかのように勘違いを引き起こしてしまうのです。そのような上位20%の層に時間をかけて「全社的な視点を持ってもらう」ように育成していくことが組織の成長に繋がっていきます。
上司不信をなくし部下の適正な育成のために定期的1ON1セッションを活用することが効果的です。月に15分程度の時間をメンバーのために使ってみてください。

Related post

  1. イコライザー

  2. 人間関係と幸福の研究

  3. エピソード04

  4. 会員を増やす

  5. 値引き

  6. 相手のことを尊重していますか?