企業理念とSDGs

社員研修をやっていて感じるのは「多様な価値観を受け入れる・理解する」という意識を持つことと同じくらい
・自分たちはどうあるのか?
・自社の目指す人材像はどんなものか?
・自社のサービスはどうあるべきか?
を明確にすることだと感じます。それらについての話し合いや意見交換できる環境つくりが人材育成には重要です。
会社やチームで仕事をする上で「個人の価値観の多様性を認め合う」ことを実感するためには仕事に繋がるテーマについて真剣に話し合うことが必要だからです。さらにそれらの企業理念を達成することが社会問題の解決につながるという関連性を明確にすることが、これからの時代、企業が存続していく上で不可欠な要素になるのではないかと感じます。

最近よくSDGsという言葉をよく耳にします。SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます(外務省HPより)。ここでは詳しい内容は避けますが、企業や自治体、国、NPOの活動がネットや書籍でも紹介されています。

企業理念の実現がSDGsという社会問題の解決につながっていることを社内外のコミュニケーションや情報発信とすることは多様な価値観の中で、新たなビジネスを生み出したり、人材をあつめたりなどこれからの企業が生き残る原動力の一つになるのではないでしょうか。

Related post

  1. メンバーの○○○を信じる!

  2. イコライザー

  3. 人の悩みは4つに分けられる⁉

  4. 部下の話を聴いていますか?

  5. エピソード04

  6. 集声力とは

    集声力®とは