信頼を持って接していますか?

「わかっているんですが…、部下の話が最後まで聞けないんです。途中で話を遮って、自分のほうがしゃべってしまうんです。どうしたらいいですか?」
という相談を受けることがあります。部下の話が聞けない上司の傾向には2タイプあるように感じます。

一つは、部下の話を自分は知っている・わかっていることと判断して、「そんなこともわからないのか」と部下のことを下に見ている場合です。上司から見た部下やメンバーへの信頼度は低く、部下からすると相談し難く、少し上からモノを言われているとか、威圧感を感じます。
もう一つは、部下の成長に対する責任感や思いが強くアドバイスが過ぎる場合です。「よかれ」と思いやっている場合がほとんどなので上司自身が気づいていない場合が多く、過干渉が部下の成長を妨げていると言えます。

どちらの場合にも共通するのは「信頼感が不足している」ことです。それは部下にもすぐに伝わります。また不足している信頼感は部下に対してだけでなく、自分自身に対してもです。部下の能力・可能性に対する信頼不足と部下の成長を最後までフォローできるという自分の能力・対応力への信頼不足です。
後者は「覚悟」とも言えますね。

人との関係性においてはどのような場合においても自分への信頼感がベースとなります。リーダーや上司の方は、自分の状態を整えることも部下育成には重要な要素です。
上司の状態は部下へと伝わります。良いチームつくり・良い人間関係つくりの為には、自分の状態(思考・感情・行動)を整えることから始めてみてはいかがでしょうか?

Related post

  1. 得意な学習するタイルは?④

  2. 自分のことを俯瞰して見てますか?

  3. 自分への質問

  4. どのような時間を過ごしていますか?⑦

  5. 緩むことがスタート!

  6. リーダーとして何をやめますか?⑤