励ましの言葉

「自分自身をディスカウント」することによるデメリットについて見ていきます。
「自信をもって…」とか「自分らしく…」と励ましの言葉を頂くことがあります。
それは自分で自分をディスカウントして不安になっている様子が相手に伝わっていることが要因です。
せめて自分ぐらいは「自分はできるんだ!」とディスカウントせずに自分の能力や可能性を信じてあげましょう。
自分自身へのディスカウントを防ぐには次のような方法が効果的です
1、情報収集を行い正確に状況を把握する。必要以上に状況を誇大視しない
2、状況を正確に把握できたら、自分が今できることをやる
3、他人の能力を過大評価して依存しない
4、日頃から自分の頭で考えるクセをつける
自分へのディスカウントがなくなると、今まで勇気が出ずに挑戦できなかった事に挑戦できたり、
「自分なんかとてんでもない」と必要以上に謙遜して会えなかった人に会う勇気が持てたり、
不安や恐怖が先走り行くことができなかった場所に行けたりと、自分の世界が広がっていきます。
自分自身のディスカウントを防ぐことは他の2つの領域のディスカウントを防ぐことにも影響してきますので、
まずは自分へのディスカウントを辞めるために、どんな状況の時にどんなディスカウントをしているのか、自分の思考のクセを分析して見ると良いですね。

Related post

  1. 解釈

  2. どちらに目がいきますか?

  3. 5つの機能

  4. リーダーとして何をやめますか?⑤

  5. どのような時間を過ごしていますか?④

  6. チームとグループ