得意な学習スタイルは?②


聴覚優位の人は、音で物事をとらえることが得意です。よって、相手のちょっとした声の変化などにも敏感です。聞いて学習することが得意なので、授業や講義などを活用すると効果的で単語のつづりや講義内容については、友人と一緒に話しながら覚えると効率よく覚えることができます。私は一人静かに勉強するほうが好きだったので、ファミレスで友人と一緒に勉強している人を見かけると尊敬のまなざしで観察してしまいます。聴覚優位の場合、人との会話や声を利用して音として覚えているのですね。また、聞こえる、リズムが合う、など音に関する表現を使うことが多く、話をしている時は聴覚情報にアクセスするために目を左右に動かすことがあります。ボディランゲージはあまりなく何かを考えているときに、手が鼻や口元に行く傾向もあるといわれています。聴覚優位の方と会話をする場合は、相手の話すスピードやリズムに合わせ、しっかりと言葉で表現しながら話を進めていくと理解を得やすいでしょう。周りの音に影響を受けることが多いためじっくり話をしたい時は、静かな環境で話をすると効果的です。

Related post

  1. 「テーマ」を決める

    「テーマ」を決める

  2. クロ現+見ました?

  3. エピソード

  4. どちらに目がいきますか?

  5. 脳の構造と質問

  6. どのような時間を過ごしていますか?②