得意な学習スタイルは?

言語感覚が優位な人は 自分で考えたり,他者と話し合ったり発表したりするのが得意です。
・学んだことを誰かと話し合う
・物事によって記憶の方法が違うので他の感覚の勉強方法を試す
・辞書を引く
・学んだ内容について文章をまとめ頭を整理する
などの学習方法が効果的です。誰かと話し合うことや自分なりに論理づけることでより理解を深めることができますが、既成の方法よりも自分なりのまとめ方を好みます。また、物事によって記憶の方法が違う場合が多いので他のことと関連づけながら記憶すると効果的です。文章を書いたり、それを発表したりする機会があると学習の動機づけになりやすいです。
人にはそれぞれ特徴があり、得意、不得意もそれぞれ異なります。会社も、そんな色々な特徴を持った「不完全」な人達の集まりです。様々なタイプの人達が自分の得意な面を活かし、弱点を補い合うことで強いチームが生まれます。感性と発想力が豊かな人がいて何かを生み出し、それを論理的に道筋を立てることのできる人が計画を作成、そして行動を引っ張っていく人がいる、それぞれが自分の特性を活かすことでチームの役割ができ、バランスが生まれます。
チームメンバーの強み弱みを理解して多様性を認めあえるチームつくりを目指していきたいですね。

Related post

  1. チームとグループ

  2. 相手のため、周囲のためにできることはどんなことですか?

  3. 得意な学習スタイルは?②

  4. 質問の効果

  5. リーダーとして何をやめますか?③

  6. ポジティブな方法を選択してますか?