教育現場でも…

Web上の記事で『教育にコーチングが根付いている国の子どもは幸福度が高い?』というテーマで、オランダの教育にコーチングの技法がたくさん散りばめられているという記事を紹介していただきました。記事によりますと、教師側の生徒に対するコーチ的な関りがオランダの教育環境を世界一にしているそうです。日本の教育とは違って答えを教えるのではなく自分で考えることの重要性が重視されています。
子供の話を傾聴し、質問する、その時の様子や感情を一緒に振り返り、次の行動へと導く質問をする… このような関わりが自主性を育てる「コーチングサイクル」の重要性が述べられています。
会社や組織でも人材育成は最重要課題です。子供の教育現場と同様に、教える側であるリーダーや管理職がコーチ的な関わりを意識することで風土やメンバーの成長度合いが変化していきます。
まずは3か月、リーダー自身が関わり方を変えてみてください。必ずメンバーの変化を実感することができるはずです。

Related post

  1. リーダーとして何をやめますか?③

  2. お客様とのつながり

  3. どちらに目がいきますか?

  4. 結果が出る人の共通点

  5. 「身口意」ってよめますか?

  6. 「テーマ」を決める

    「テーマ」を決める