沈黙

セッションや面談をしていると、言葉のやり取りがスムーズに進んでいくことばかりではありません。
時には相手が黙り込んでしまうこともあります。
このような状態になると
「準備ができていないな」
「考えていない」
「だんまりを決め込んでも解決しない」
と否定的に捉えることもありましたが、この沈黙は思考を深めているということに気づいてからは認識が大きく変わりました。

セッションや会話の時に、沈黙が続くと焦ってしまい沈黙を避けるために次の言葉を続けたりすることがあるかもしれません。
しかし、相手からすれば思考が深まっている最中に言葉をかけられることは思考を中断するということです。
沈黙は思考が自分の枠を超えて次のレベルに深まっている状態の現れであることを知ると焦ったり恐れたりする必要もありません。
セッションを受ける側にとっても、黙っていることで相手にマイナス評価されたりダメ出しされたりするのを恐れて相手の望むことや本心でないことを言うこともなくなります。

セッションの目的は相手の意識を課題解決の行動に向けることです。
リーダーはチームメンバーとのセッションにおいて、沈黙の時間を意識することができれば相手へ安心感を与えることができます。
「じっくり考えて受け答えしても大丈夫」だという安心感や
「この人なら本音で話しても聞いてくれそうだ」という深い信頼感に繋がっていきます。

沈黙は、言葉のやり取りにおいて思考が深まっている証拠であることを知っていれば沈黙を恐れたり、相手のことを否定的に評価したりすることなく相手の行動を促進するという目的を達成することができます。

Related post

  1. 綱引き

  2. 得意な学習スタイルは?⑤

  3. 相手のため、周囲のためにできることはどんなことですか?

  4. 思考のクセを理解する

  5. チームとグループ

  6. 人間関係と幸福の研究