滞っているところはどこですか?

組織の活性化や研修を計画する際、まずは現状を把握するところから始めていきます。
自分たちの組織の課題はどんなことで、どの箇所で滞っているのかを把握します。

組織学習サイクルの循環から考えると、最初に「個人の知識」が変化します。
研修で知識を身につけたり、本を読んで感銘をうけたりすることが当てはまります
そこから「個人の行動」が変化し、その行動が「組織の行動」に影響を及ぼします。
組織の行動によって、「環境の変化」(ここでは業績の変化)につながります。

このサイクルがうまく回らないのは例えば、
Aの箇所であれば個人の知識はついたが、行動するまでにはいってない。
Bであれば、個人の行動が変化し、よい成績を出す人も見られるようになってきたが、部門やエリアでの交流が少なく、閉鎖的な風土の為、良い習慣を組織として取り入れるまでには至っていない。
Cであれば組織として取り組んだことの影響が業績にどんな影響を与えているかを把握できていない。
Dであれば業績の変化や結果を組織で共有する場がない、あるいは共通認識をもててない。
ということになります。

Related post

  1. メンバーを放置していませんか?

  2. リーダーとして何をやめますか?③

  3. どのような時間を過ごしていますか?④

  4. 見落とし

  5. 値引き

  6. 情けは人の為ならず