相手に応じた言葉を選択していますか?

先日コーチング研修に参加してきました。その団体が主催する研修に参加するのは初めてでしたが、私は他流試合?が結構好きなので様々な団体や法人の主催するセミナーや研修に参加しています。
コーチングといえど、その団体や企業によって特有の言い回しがあったり、参加する人の独特の雰囲気だったりなど
ちょっとづつではありますが感じるものは違います。その違いを自分なりに楽しんでいます。
この間参加した研修では、グループごとにペアを組んでデモセッションをしているときに、私がコーチ役になって
「このセッションの時間でどのようなことが明確になればよろしいですか?」
と質問したところ
「えっ?明確にってどういう意味ですか?」
とクライアント役の人から反対に質問され、思考を停止させてしまいました。すぐに気づいて
「どのようなことを手に入れたいと思いますか?」
と言い直し、セッションを続けることができました。
クライアント役の方はセッションの開始時に「このセッションで手に入れたいことはどんなことですか?」といつも質問されるらしく「明確にする」と「手に入れる」が変わったことで混乱したようです。
クライアントやその場に応じた言葉選びを意識することも大切な要素であることを改めて感じた1日でした。

Related post

  1. 「面倒くさい」で終わってませんか?

  2. 4月から新しい環境へチャレンジする人へ

  3. エピソード

  4. 我慢していることはありませんか?

  5. 人間関係と幸福の研究

  6. 思考の速さ