研修の感想頂きました②

②に関しては目標設定に課題があります。セッションを行う際には、まず始めに目標設定を行いますがショートコーチングにおいても「この時間を使ってどういうことが明確になれば良いですか?」とコーチからクライアントへの目標確認の質問があります。しかしこの目標が自分のモノでなかったりその場しのぎの目標であったりするとやらされてる感で受講するので「コーチの思うように誘導されている。コントロールされている。」と感じるのではないでしょうか。コーチングセッションの時間はクライアント自身がコーチという鏡に向かって自分の思いを言葉にすることで思考を整理することが目的です。前提としてセッションの場は本音で話せる「安心安全の場」であることを相手に信用してもらう必要があります。信頼される上司であるために常日頃、どのようにメンバーと接するかが大切になってきます。効果的なセッションを実施するためには、まずはメンバーとの信頼構築ステージという土台をしっかり固めるため、常日頃からのコミュニケーションが重要です。

Related post

  1. 解釈

  2. リーダーとして何をやめますか?

  3. 励ましの言葉

  4. メンバーを放置していませんか?

  5. 主役はクライアント

  6. コーチングを学習する成果と効果とは?