自分のことを俯瞰して見てますか?

メタ認知とは、「自己の認知活動(知覚、情動、記憶、思考など)を客観的に捉え、評価した上で制御すること」を表しています。
「認知を認知する」とか「知っていることを知っている」という風に言い換えたりすることもあります。

例えば、コミュニケーションスキルを向上するためにはこのメタ認知能力が大変重要になります。
自分が周囲に与えている影響を想像したり、自分のコミュニケーションスタイルを俯瞰してみたりすることがスタートとなるため、客観的に自分のことを観察する過程が必要だからです。

1ON1セッションを行う時にはこのメタ認知を利用した問いかけを必ず中間地点と最終地点にいれておきます。
「ここまで話してきてどう感じますか?」
「今日のセッションで気づいたことはどんなことですか?」

自分のことを客観的に見ることは成長のために効果的なスキルの一つです。

Related post

  1. 企業理念とSDGs

  2. どのような時間を過ごしてますか?⑥

  3. 我慢していることはありませんか?

  4. 相手のため、周囲のためにできることはどんなことですか?

  5. 暗黙の価値観

  6. 「聴く」ことが関係性を構築する