観察できていますか?

アフリカの寓話です。
『一頭のカバが川を渡っているときに自分の片方の目をなくしてしまいました。カバは必死になって目を探しますが、前を見ても後ろを見ても横を見ても体の下を見ても見つかりません。川岸にいる鳥や動物たちが「少しは休んだ方がいい」と言ってもカバは自分の目を永遠に失ってしまうのではないかと恐れ休もうとはしません。懸命に探し続けますが見つからず、とうとうカバは疲れ果てその場に座り込んでしまいました。カバが動きまわるのをやめて落ち着くと川もすぐに静かになりました。カバが動き回ることで濁らせていた川の水が落ち着き、底まで見えるようになりました。すると、カバは休息をとりながら川底に沈んでいた自分の目を見つけることができました。』
ときには、じたばたせずに状況を冷静に観察することが大切なこともあります。リーダーである皆さんは日々、課題にぶつかったり、意思決定しなければならない状況に遭遇することでしょう。解決策が見えないような大きな困難や課題にぶつかったとしても、一旦立ちどまって気持ちを落ち着かせることで、混乱した嵐のような状況の中でも物事がはっきり見えてくることがあります。まじめで責任感の強いリーダーほど「自分が何とかしないと…」「早く状況を変えないと…」と自分で自分を追い込んで川底が見えないくらい混乱してしまうことがあります。「ちょっと生き詰まっているな…」と感じるときは現在の状況を冷静に見つめなおすことも大切です。とくに感情的苦痛を伴うような状況では戦うより観察するほうが早く問題解決に向かうこともあります。自分を客観視し、感情・思考・行動の癖を知る時間を意識的に設けることもリーダーのみなさんに求められる重要なスキルの一つです。

Related post

  1. 得意な学習スタイルは?⑤

  2. どのような時間を過ごしていますか?④

  3. ヒントを探る

  4. 相手に応じた言葉を選択していますか?

  5. 不快なコミュニケーション②

  6. 集声力とは

    集声力®とは