4月から新しい環境へチャレンジする人へ

アドラー心理学で使われる「勇気」とは、一般的な意味とは多少ニュアンスが異なっています。

『困難を乗り越えて目的に進む力』
『他者と協力し目的に進むことのできる能力』
のことです。

ビジネスマンにとっては必須の能力ですね

例えば勇気のある人は、自ら進んで行動する・自ら進んで共同体に貢献する・自分の欠点や弱さを客観的に理解している…などの言動が特徴的ですが、

勇気のない人は、環境に依存する・他者に依存する・共同体に依存する…といった真逆の言動が目につきます。

勇気づけとは、上記のように自分や相手を勇気づける、勇気を自分自身や他人に与えることです。

勇気くじきとは、勇気の反対の自己認識を相手に植え付ける言動のことを指します。あなたは何もできない・決められない・わからない・考えても無駄だ・どうせできない…といった自己認識を植え付け、あなたを「無力感」でいっぱいにさせるような関りをしてきます。

自己認識は実際の能力とは関係なく人がみんなもっていて、無能で自信だけが在る人が居るように、本当は実力があるのに自信がなく積極的に行動できない人もかなりいるように感じます。

4月は、新しい環境に飛び込んだり、チャレンジしたりする人が多くなる時期ですが周囲にネガティブな言葉を投げかける人がいても、その勇気くじきにひるむことなく、自分自身で勇気づけを行い、自信をもって自分の人生を切りひらいていく強い気持ちをもって進んでいきましょう!

Related post

  1. どんなとらえ方をしていますか?

  2. 質問の効果

  3. 緩むことがスタート!

  4. 得意な学習スタイルは?

  5. どのような時間を過ごしていますか?③

  6. 得意な学習スタイルは?⑤